お知らせ

お知らせ

大雪から学んだこと

 記録的な大雪が関東甲信地方を襲った。2月8日朝から9日未明まで降り続いた雪は、30cmに達し、境内は雪で真っ白になった。日中の最高気温が氷点下という中で降り続いた雪は、川にまで降り積もり、見たことのないような景色が広がっていた。

 9日は、境内やお寺の前の国道の歩道の除雪をしたあと、連れ合いと中学生の光尚と通学路の除雪に向かった。凍りついてしまうとどうにもならなくなりとても危険なので、夕方までに除雪しようと思ったのである。500mほど除雪したところで、向こうから除雪してくる人と一緒になり、作業は一気にはかどった。やはり、小学生の通学路を除雪しようと隣の地区の皆さんがこちらへ向かってきたのである。その他の地区でも、北向きや橋の上など危険な場所の除雪を知己の皆さんが行っていた。翌日、アイスバーンになったところには、建築会社の人や学校の先生が融雪剤を撒いて安全を保った。

 今回の大雪では、農作物に大きな被害が出たり、交通機関への影響で大変な思いをした人も多いと思う。そうした中で、雪による交通障害で立ち往生した人に、地域の人が援助したり、トラックの運転手さんが配送中のパンを非常食料として、まわりの人たちに配ったりという姿がみられた。東日本大震災で再認識された人と人との絆が困難な状況の中で機能した例と言えるだろう。

 東日本大震災から間もなく3年、大きな被害を受けた日本人だが、そこから多くの事を学んだ。これからも様々な困難が待ち受けているかもしれないが、いざという時の為にしっかりと備えをしておかなければならないと感じた大雪であった。

2014-03-01 | Posted in 月々の法話Comments Closed 

 

寒くなんかないよね

 1月から6月まで、茨城新聞の郷土紙批評を担当することになった。私は、上期を担当するので、毎月1日~15日までの記事を読んでの感想を寄せるという役目である。第一回のテーマは、おくやみ欄の役割について書かせて頂く予定で下書きを書いておいた。そんな時、菊池盛昌さんの訃報が届いた。翌朝茨城新聞のおくやみ欄で、改めて、確認し、そのことについて書かせて頂いた。「門松は冥土の旅の一里塚、めでたくもあり、めでたくもなし」この歌は室町時代の禅僧一休禅師が詠んだとされるが、実際は江戸時代の俗歌のようだ、その証拠に、一休禅師の生きた時代に一里塚はない。しかし、お正月ごとに死は確実に近づいている。

 重度の脳性まひにより。車椅子での生活を送りながらも絵画や音楽、著作に多彩な才能を表した盛昌さん。メールで意思の疎通ができる様になってからは親しみを込めて盛くんと呼んでいた。昨年、龍泰院のロゴマーク作製をお願いした時も、快く了解してくれた。

 茨城県立こども福祉医療センターに、盛昌さんの描いた「寒くなんかないよね」という雪の上にいる親子の馬の絵があるという。その絵に励まされたという方が掲示板に書き込んでくれた。実は、盛くんがメールを打つ時、一文字、一文字、苦労しながら打っていたようだ。大きな馬の絵を描くのも大変な事だったと思う。新聞記事ではあえて触れなかったが、絵の才能を育て、開花させたお父さんとお母さんの苦労は大変だったと思う。 そんな、彼の絵が人の心を打たないはずがない。生きる希望、思いの強さが、一筆一筆に込められているからだ。
 午年の正月に旅立った盛くん、彼の絵はこれからもずっと希望を与えてくれることであろう。

2014-02-01 | Posted in 月々の法話Comments Closed 

 

邪馬台国は宮崎県高千穂である

鈴木泰全

 かつて私は、卑弥呼の治めた邪馬台国は日向国にあったと論じ、多くの学者も比定している様に卑弥呼を天照大神に比定しました。神話からも天照大神の活躍の舞台は高千穂であると特定されます。ちなみに投馬国はツマ国とも読まれ、筑後上妻や下妻が候補地とされていますが、宮崎県西都市であろうと思われます。
 西都市は西都原古墳群で知られ、天孫ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメが出会われたとされる場所です。この地に建つ都萬(ツマ)神社の主祭神はコノハナサクヤヒメであり、この地が当時「ツマ国」と呼ばれたことは充分に考えられるのです。                                   

 高千穂から海に出るには、東の日向灘へ延岡方面に出るか、熊本側に八代海に出るかの両方が考えられますが、「郡使の往来常に駐まる」とある伊都国に行くには、八代海から天草、長崎半島野母崎を通り、平戸瀬戸を抜けるコースがより近いと考えられます。
 手元の地図で距離の概数を測ると、糸島(伊都国の比定地)から八代海沿いの熊本県宇城市迄約256km、糸島から西都市を流れる一ツ瀬川河口付近迄、こちらは東廻りで約326kmである。                                         

 かつて琉球大の木村政昭先生は、伊都国から邪馬台国までの「水行十日陸行一月」を、「1、4ノットの速度」(時速約2、6km)で走れば、(鹿児島の投馬国から邪馬台国であろうと考えられる沖縄本島までの600kmを想定していました。)よいとされました。この速度を参考にすれば、1日に26km程を走れば、実に水行10日で熊本県宇城市にたどりつくことが出来ます。そこから国道218号線を東に進めば2日程で高千穂に到着することが出来ます。                                     

 一方投馬国へは一ツ瀬川河口までの約326kmを13日程で到着し、更に一ツ瀬川を進めば14日程で到着します。関門海峡の潮の流れは時間によって変化するということですが、潮待ち、風待ち、悪天候を考慮しても、15日もあれば充分に到着すると思われます。                              
 南に水行十日は、放射式に伊都国から海路十日程の所に邪馬台国があり、水行二十日程の所に投馬国があると読めるのであればその様にとらえるべきです。                                         

 ただし伊都国から邪馬台国(高千穂)へは西廻りで、しかも八代海からは陸路2日をかけて到着したと思うのです。投馬国(ツマ国)へは関門海峡を通って日向灘へ進んだでしょう。高千穂から四国、本州、出雲等へ行く時は日向灘から出航したものと思います。

 帯方郡から伊都国までの総里数は一万五百余里で、これは当時の短里=町里=1里約96mということです。 末盧国から伊都国まで、つまり松浦から糸島まで500里ですから、48kmに換算され、手元の地図でも49km程と計測できます。
 帯方郡から邪馬台国までは一万二千余里と記されていますから、伊都国から邪馬台国までは千五百余里、144km程と考えられます。 
 糸島から高千穂までの直線距離はほぼ132km、山坂や迂余曲折を考えると千五百余里にほぼ一致すると言えます。

 この距離は、徒歩で7日もあれば行き着くと思われますが、魏志の編者陳寿の魏・晋の里(1里=約434m)の感覚では、水行二十日、水行十日の合算三十日に鑑み、陸行1月となったのではないでしょうか。                                   

 伊都国から邪馬台国へは西廻りで水行することは、当事者には自明のことですが、細部に亘る事柄は省略されていた為に、文献によって筆を進めた魏志の編者には、抜け落ちた事実までを的確に把握することは無理なことだったと思われます。 

 しかしこの陸行1月の記述により、伊都国から邪馬台国まで陸行できることがわかります。 次の三点が邪馬台国に到る主要事項として示されています。 
  一、伊都国から邪馬台国まで陸路でも行けること。 九州内ですから30日は必要ありませんが、陸行で本州へは行けません。 
  二、伊都国からは南進であること。 伊都国から初めは西に進みますが、航海の大部分は南進です。本州の大和へはおおむね東進になります。
  三、伊都国から千五百里程の距離であること。伊都国から本州の大和へは、千五百里(約144km)ではたどりつけません。伊都国から水行十日も、陸行千五百余里も、どちらも高千穂に到る旅程範囲となります。 

 以上の三点からも、邪馬台国大和説は成立し難いことは明らかなことに思われます。

 一方、邪馬台国九州説は、魏志倭人伝の裏付けを得て、神話に書かれた高千穂や都萬国が鮮やかによみがえってくるのです。 

 邪馬台国と争った狗奴国も、その官に狗古智卑狗ありとあり、狗古智を「菊池」の古音と想定し、肥後国菊池(現在の熊本県菊池郡)に比定されています。

 また高千穂町に五ヶ瀬川付近で隣接している熊本県山都町は、町名が「ヤマト」であり、邪馬台国の領内とも考えられ、邪馬台(ヤマト)の地名の由来が、阿蘇山のふもと、山本、山門の意である様に考えられます。

 高千穂は宮崎県北西部の内奥の地ではあるが、大分にも熊本にも通じる交通の要衝です。また東に日向灘、西に向かえば八代海があり、東西に海を領し、古代宮崎にあって倭国を統治するには要の地といえるのです。

2014-01-16 | Posted in 雑学Comments Closed 

 

熊野那智大社と青岸渡寺

 龍泰院は、山号を熊野山といいますが、これは、開創当時熊野山羽黒院光明寺と名乗っていた上金沢の山上にある本寺常明寺さんが、月照山羽黒院常明寺号と改名された際、熊野山という山号を譲り受けたと伝えられています。熊野山、あるいは羽黒院などという名前から、修験道や山岳信仰にちなんだ信仰からできた寺であることが推察できます。

 仏教が日本に伝来し、日本にそれまであった自然崇拝などと一緒になり、神仏が一体となった信仰が生まれたものと思います。実際、那智の滝の近くにある熊野那智大社は、西国三十三観音巡礼の一番札所、青岸渡寺と隣り合わせに建っています。高さ133mの那智の大滝も御神体です。花山法皇が西国霊場を巡礼して詠んだ歌がいわゆる御詠歌の基になったとも言われてますし、皇族、都の上流貴族、平家一門なども熊野詣でを熱心に勤めています。やがては、庶民にもその信仰は広まっていったのです。

 高野山では、しめ縄の代わりに、紙を切って作った宝珠や干支などをあしらたものを飾ります。1000m近い山の上にあり、田んぼがない高野山では、藁を手に入れるのが難しいので、そのような風習が生まれたようです。高野山から熊野地方の神社仏閣を巡り、日本人の信仰の原点がここに有ったのだと思いました。熊野那智大社への467段の階段を登る途中、那智黒石を彫って作った八咫烏をサッカー部で頑張っている光尚に、お土産として買って帰りました。神武天皇が大和に入る時、紀州険しい山を導いてくれたと神話に登場する八咫烏です。日本サッカーの守り神でもあります。今年は、ブラジルワールドカップの年です。新年にあたり、日本代表の活躍を祈りました。

2014-01-01 | Posted in 月々の法話Comments Closed 

 

年回忌の数え方

亡くなった人の供養は年回毎に行われます。亡くなった翌年は一周忌、その次は三回忌、「エッ!どうして一の次が三なの?」と疑問に思う方もおありかと思います。
実は、年回というのは亡くなったその年から数え始めます。亡くなった年が一回忌、その翌年は二回忌、別な言い方で一周忌と呼びます。その次の年は三回忌となりますので、一周忌の翌年が三回忌になるわけです。
その後は、七回忌・十三回忌と三と七のつく年に年回の供養をし、三十三回忌が追善供養の修めとなります。さらに供養をされるときは、報恩供養として年回を行い、五十回忌、百回忌などを行うこともあります。尚、年回の勤め方は地域によって違う場合もありますので菩提寺の住職にご確認ください。

2013-12-02 | Posted in 仏事コーナーComments Closed 

 

お寺さんの使う言葉

お寺さんの使う言葉で、読み方が難しいものがたくさんあります。仏教に由来するもの、お寺さんが良く使う言葉を書き出してみました。かっこ内が読み方です。
陳者(のぶれば)・法会(ほうえ)・建立(こんりゅう)・懺悔(さんげ)・施食会(せじきえ)庫裡(くり)・東司(とうす)・坐禅(ざぜん)・行灯(あんどん)・須弥山(しゅみせん)・薬石(やくせき)・開眼(かいげん)
意味は、わかりますかね?わからない時は、小参問答の掲示板に質問して下さい。

2013-12-02 | Posted in 仏事コーナーComments Closed 

 

九拝・合掌の意味

お坊さんが、書簡の最後に署名する時、「九拝」や「合掌」と添えます。これは、実際にお拝(ハイ)や合掌する代わりです。
お拝というのは、インドの五体投地の礼賛法が伝わったもので、即ち、「両手両足に頭を地に着けて伏し拝む」のが「拝」です。それを、三回行うと三拝で、三拝を三回行うと九拝になります。これでかなり丁寧になるのですが。弟子が師匠に書簡を送る場合は、さらに丁寧に「百拝」と書く場合もあります。師が弟子に書くときは「拝」「和南」などと書きます。和南というのは合掌し頭を下げることです。
「合掌」とは、手を合わせて拝むことですが、これはインドの挨拶です。「ナマステ」といって手を合わせ頭を下げる挨拶が、仏教とともに伝わったと考えられます。
仏教でも人生でも、挨拶が基本です。これは、世界中どこに行っても基本です。相手の人権を尊重し、相手を拝むことは仏教にとってとても大切な行為なのです。

2013-12-02 | Posted in 仏事コーナーComments Closed 

 

ウソも方便

「ウソも方便」という言葉は仏教に由来する言葉です。また、「うそつきは泥棒の始まり」ということもよく言われます」
それでは、ウソをつくことが許される場合とはどういうときでしょうか?。
子供は自分を守るために小さなウソをつくことがあります。そうしたウソをゼッタイにいけないんだと責めたことがありませんか?
仏教にはウソも方便という言葉があります。社会的に弱い立場の人、こどもなどは場合によってはウソをつくことが許されるのです。ただし、その後、懺悔しなければなりません。仏様にウソをついたことをわび、心から反省することが大切です。
政治の世界などでもウソをついて、辞職においこまれる方がおります。心から反省することが必要かと思います。
相手のことを思いやってついたウソなどは、許される場合もあります。しかし、出来ればウソをつかずに正直生きたいものです。

2013-12-02 | Posted in 仏事コーナーComments Closed 

 

仏滅・友引を気にするな

以前にも六曜について、書きましたが、21世紀になっても、迷信として残っていることが私には不思議です。
家具屋さんなども、大安の日に納品しなければ、ならないので大変だといっていました。
忙しい大安の日に納品してもらうより、仏滅の日にゆっくりし納品してもらった方が、良いサービスを受けられると思いませんか?同じことは結婚式にも言えるでしょう。最近結婚式場をやめて葬儀屋さんのセレモニーホールになったところがありました。結婚式は、大安の祝祭日に集中するので、利益が薄く、葬儀場は、季節的変動はあるものの結婚式場よりもはるかに効率よく営業できるそうです。
友引は、「争ったが勝負がつかず共に引いて引き分け。」というのが、語源であり、けっして友を引っ張るという意味ではなかったのです。ご存知でしたか?

2013-12-02 | Posted in 仏事コーナーComments Closed 

 

お仏壇はいつ求めますか

族に亡くなった人が出て、初めてお仏壇を購入する人が多いのですが、出来れば家を建てたら必ずお仏壇を求め、御本尊さまを安置し、御先祖様のお位牌をまつっていただきたいものです。
家庭の中心にある、お仏壇は心のよりどころとなります。
禅寺の一日は、朝の暁天の坐禅で一日が始まり、夜坐で一日が終わります。
皆さんも、朝起きたら、お仏壇の前に静かに端座して、心を落ち着けて一日をはじめ、一日の終わりもお仏壇の前で、静かに座り一日を省みて就寝する。そんな生活を心がけてみませんか。
そうした、一日一日の積み重ねを続けていくと、これまでと違った人生が送れると思います。
あわただしい現代社会であるからこそ、静かに座る時間は貴い時間となることでしょう

2013-12-02 | Posted in 仏事コーナーComments Closed 

 

お坊さんの呼び方

お坊さんに話しかけるときに皆さんは、なんと呼びますか?
宗派によって違うこともありますし、立場によって違うこともあります。
こどもたちからは、「お坊さん」と呼ばれることが多いのですが、「はげ」と呼ばれることもありこれには苦笑いです。
檀家の人からは「方丈さん」とか「住職さん」と呼ばれることが多いです。曹洞宗以外では、「上人さま」「御前さま」と呼ぶ慣わしのところもあるようです。中国へ行った時は、「和尚(わしょう)」と呼ばれました。
先生と呼ばれることもありますが、僧侶は人々の上に立って教えるのではなく、人々の傍らに立ち一緒に歩んでいくのが大乗仏教の僧侶の立場だと思っているので、先生という呼び方を私はあまり好みません。
近所の人は、私を子供の頃のまま「しょうえいちゃん」と呼んでくれます。これも悪くありません。

2013-12-02 | Posted in 仏事コーナーComments Closed 

 

清めの塩は何を清める?

私が住職になりたての頃、清めの塩を使わないでいると、会葬者が、「どうしてお清めしないのですか?」と聞かれ、「お坊さんはもともと清らかだから、清めなくてもいいんですよ」と答えていました。
私ども曹洞宗では清めの塩を使う事はありません。仏教そのものが清めの塩など使わないのです。神道では、塩を使いますが、御霊の帰るところを払うのであって、葬儀場がけがれているからという理由で祓うのではないのです。
塩をまいて清めるというのは全く意味の無い失礼なことだとご理解ください。本当は清めなければならない、けがれたものは葬儀の場には無いのですから。  

参考文献『曹洞宗ブックレット宗教と人権4』

2013-12-02 | Posted in 仏事コーナーComments Closed 

 

10 / 25« 先頭...89101112...20...最後 »