お知らせ

お知らせ

幼い頃に抱かれた・・・・ 

3、幼い頃に 抱(いだ)かれた  温(ぬく)もり今も 忘れない
  この世でうけた 幸せを そっとあなたに ささげましょう
  ほほえみひとつ、涙ひとつ 出逢いも別れも 抱きしめて 
  生きてる今を 愛して行こう

 この三番の歌詞は「利他行」について書かれています。

 戦地で亡くなった兵隊さんが、いよいよ最後という時に、心に思い描くのは故郷であり、お母さんの事だという話しを、戦地へ行った方から聞いたことがあります。母親は人間にとってかけがえの無い存在です。
 しかし、その母親が容疑者となる事件が起こりました。母親に手を掛けられたお子さんは、最後の瞬間に一体誰を呼んだのでしょうか?また、親による幼児虐待もあちこちでおこり、死に到る事件も頻繁に発生しています。親によって命を奪われた子ども達は、お盆に帰る故郷さえも無くしてしまったと言えるわけで、その御魂は一体どこへ帰ったらよいのでしょうか?あまりにも悲しい事件です。

 子どもは、親だけでなく、おばあさんやおじいさん、ご近所の人たちも含めて、多くの人との係わり合いの中で育てられてきました。しかし、現代社会では、お母さんと子どもだけの狭い世界で育てられることが増えてきて、本来、喜びであるはずの子育てが、苦悩になったり、ストレスがたまったり、自分の子どもを可愛いと思えない親が増えてきているのも事実です。

 そんな時、難しい事を考えず思いっきり抱きしめてみませんか!子どもと一緒になって遊んでみませんか!幼い頃に抱かれたという記憶!お父さんお母さんに大切にされたという思いがあると、人間はどんなつらい時でも生きていく希望が湧いてくるのです。

 そうして、自分が大切にされてきた、愛されてきたということを、他の人へさしむけていく、幸せを分かち合う。そうしていけば、世の中が住みやすくなるのではないかと思います。奪い合うのではなく、物や幸福を分かち合っていくのが仏教の教えです。お盆の季節、分かち合う幸せを感じ、実践して頂きたいと思います。幼い頃に抱かれた温もりを思い出しながら・・・

 来月は一番、二番、三番の歌詞をに共通する後半の部分を解説します。

2006-08-01 | Posted in 月々の法話Comments Closed 

 

広がる海は はてしなく・・・・

 6月には梅花流特派講習で宮城県北東部を巡回しました。石巻や気仙沼など海の恵みと大地の実りが豊かな所です。人情味あふれる東北の地で多くの方との出会いがありました。

 さて、先月に引き続き梅花流新曲「まごころに生きる」の解説をさせて頂きたいと存じます。

2、広がる海は はてしなく  全ての命 はぐくむよ
  人の心も おおらかに 互いを敬い信じ合おう
  ほほえみひとつ、涙ひとつ 出逢いも別れも 抱きしめて
  生きてる今を 愛して行こう

 二番の歌詞は「同事」という教えを表現しています。道元禅師は流れ込む水を拒むことなく受け入れる海にたとえて「同事」を説いています。地球上に存在する全ての命を育んできたのは海ですし、もし、大量の水が海という形で地球上に存在してなかったら、地球は灼熱地獄、あるいは極寒の世界となっていたことでしょう。

 国際化が進んでいる日本社会、私の住む田舎も例外ではありません。外国からの花嫁さんも大勢います。また、海外からの企業研修生や外国人労働者もいます。理屈では差別はいけないとわかっていても、実際に自分の事となると文化の違いや、言葉の違いでいがみ合い傷つけあってしまう事もあります。
 ご近所や家族との関わりにおいてもそうでしょう。そんな時、一人ひとりがおおらかな心を持ち、互いを敬い信じあっていこう!という願いがあらわれています。

 大本山永平寺の宮崎禅師さまの書による「同事-ともに生きよう わけ隔てなく」というポスターが曹洞宗の檀信徒に配られたことがあります。一人ひとりが同事行を実践していけば大きな力になるのではないでしょうか!おおらかな心で生きてゆきたいものです。

 来月は三番の歌詞を解説します。

2006-07-01 | Posted in 月々の法話Comments Closed 

 

そよ吹く風に小鳥啼き・・・・

 北海道の梅花流全国大会から昨夜遅く帰ってきました。知床では、野生の小鹿にであったり、大自然の素晴らしさ、そして厳しさを感じた旅でした。

 さて、5月31日に発表になった梅花流新曲「まごころに生きる」の解説をさせて頂きたいと存じます。

1、そよ吹く風に小鳥啼き、川の流れもささやくよ。
  季節の花は、うつりゆき 愛(いと)しい人は 今いずこ
  ほほえみひとつ、涙ひとつ 出逢いも別れも 抱きしめて 
  生きてる今を 愛して行こう

 一番の歌詞ですが、この中で、南こうせつさんが、鳥と遊び、魚を採って遊んだという子供の頃の体験を通して感じた、自然の素晴らしさが表現されています。そして、その歌詞の中には、うつりゆく四季の花々にも世の無常を感じ取っていく、仏教でいう諸行無常の教えも優しい歌詞の中で表現されています
 「札幌月寒ドーム」で開催された梅花流全国奉詠大会にゲストとして参加され、ミニコンサートいう形で、我々参加者に披露されまして、その生のステージに感動しました。そのステージでこうせつさんは、口笛で鳥の鳴き声を真似してくれましたが、事前に鳥の鳴き声を録音しておいたかのように感じさせる、見事な響きでした。「愛(いと)しい人は いまいずこ」という言葉には、すべての人を愛おしむことの大切さを現しています。亡き人への追慕、離れて暮らす人への思い、人それぞれの思いを感じていただきたいところです。
 
 「ほほえみひとつ・・・」からの歌詞は二番、三番と繰り返しになるので、二番、三番の歌詞を解説したあとに述べさせて頂きます。この部分は、南こうせつさんが自分の人生で感じてきたこととして一番思いを込めたところだそうです。

 私も、高校生の頃は、「かぐや姫」などのフォークシンガーに憧れ、ギターを弾いて歌ってました。その頃と変わらない、元気なステージ、そしてその自然に親しむ生き方に、私も元気を頂きました。その元気を今度は特派巡回先で講員の皆様に伝えていきたいと思います。

 この曲の解説は、来月も引き続き延べさて頂きます。

2006-06-04 | Posted in 月々の法話Comments Closed 

 

まごころに生きる

 シンガーソングライターの南こうせつさんがお寺の息子だという話を、ご存知の方も多いかと思います。「かぐや姫」の時代には、「神田川」「赤ちょうちん」「妹」など、時代を代表する名曲の数々を生み出し、ソロ活動を始めてからも、「夏の少女」「夢一夜」などの名曲を生み出しています。先ごろ、その南こうせつさんの生まれたお寺、大分県の勝光寺をお兄さんが継いで、住職となられ、その晋山式が行われ、こうせつさんも参列して禅問答に参加したそうです。

 南こうせつさんは1949年生まれ、団塊の世代と呼ばれる世代です。シンガーソングライターとして名をあげたこうせつさんは、子どもが生まれると富士山麓に移り住みます。そこに七年間住んだあと、国東半島に引っ越しました。そこで、お父さんを手伝い、大根、なす、キュウリなどを作っていたそうです。「コンクリートのマンションに住むよりも、土と過す方が、僕にとっては心地良い生活です。」と語るこうせつさんは、「まごころに生きる」という生き方を実践しています。

 その、南こうせつさんが、曹洞宗の詠讃歌(御詠歌と御和讃)梅花流のために曲を作ってくれました。5月31日梅花流全国奉詠大会の開かれる北海道札幌市の月寒グリーンドームで発表されます。こうせつさんが思いをこめて作った梅花流の新曲発表が今から楽しみです。私も、当日は茨城県の梅花講員さんたちとともに大会に参加して南こうせつさんの新曲を聞いてくる予定です。

 6月の法話は、北海道から戻ってからのアップになりますので、数日遅れるかと思います。ご了承ください。

2006-05-01 | Posted in 月々の法話Comments Closed 

 

血脈に秘められたもの

 先月、修行中の甥が自坊へ一時戻り嗣法をした。七日間の加行の間、師匠から一人前の僧侶になるためにいろいろなことを学ぶ。法を伝えられるので伝法(でんぽう)ともいう。七日間の間に三物(さんもつ)といわれる血脈・大事・嗣書や秘伝書を写す。三物は道元禅師よりの伝来で、長さ2メートルちかい梅の花の紋様が散りばめられた絹の布に書く。今回、伝法に侍者として立ち会ったが、今年90歳になる甥のお祖父さんが伝法するとき、師匠が臨終間際だったので、兄弟子である私の祖父が伝法の手伝いをしたそうである。これもありがたいご縁と手伝いをさせていただいた。

 血脈には、お釈迦様から代々の祖師方の名前が書かれ、それが一本の朱線で結ばれている。この朱線が、達磨大師より六代目の慧能の所から、青原行思に始まり如浄禅師へと続く曹洞宗系の系譜と、南岳懐譲に始まり黄檗、臨済をへて栄西禅師、明全和尚に到る臨済宗系の系譜の二筋に分かれている。それが再び道元禅師のところで一本になり、自分の所まで行き、最期はお釈迦様へと戻ってつながるのだが、その二筋に分かれるところに道元禅師の思いが感じ取れる。
 ともに真の仏法を求めて中国に渡った道元禅師と明全和尚、かの国で真の師匠、如浄禅師に巡り合い、その法を継いだ道元禅師。志半ばで倒れ亡くなった明全和尚。その明全和尚の尊い求法の精神を道元禅師が受け止めたことのあらわれだ。

 檀信徒の葬儀や戒名をお付けする時も、やはり、お釈迦様からの系譜が記された血脈を授与しているが、それには直系84名の祖師名が記され、それとともに明全和尚へとつながるもう一つの系譜が書かれている。道元禅師が自らの血脈に込めた思いは、今も引き継がれている。
 伝法の式を終えた甥はまた修行道場へ戻っていったが、そのうしろ姿は一回り大きくたくましく見えた。

2006-04-01 | Posted in 月々の法話Comments Closed 

 

ピッカピッカのランドセル 

 3月1日、今日私の長男が6歳の誕生日を迎えました。将来は「おとうちゃんみたいにお坊さんになる!と」言っていたのが、去年は「野球選手になりたい」と、そして、今年は、「なりたいものなんだけど、サッカー選手に変えてもいい?」などと聞いてきました。実現できるかどうかはともかく、夢を描くのは自由なので、いろいろな希望を持って生きていってもらいたいと一人の親として願っています。

 子供は、4月1日、満6歳の春に小学校に入学し、15歳の春に中学校を卒業し義務教育を終了します。社会に出る上で必要ないろいろなことを学んでいく大切な時期です。小学一年生はその義務教育のスタートです。背中にピッカピッカのランドセルを背負った一年生は、希望に満ちてます。

 去年は、その学校に通う子ども達が事件にまきこまれ、大切な命を失う事件が起こりました。罪のない子どもが事件にまき込まれ、多くの人が辛い思いをしました。何より事件に巻き込まれた御家族の心痛を思うと言葉もありません。そうした事件を機に、各地で地域社会で子ども達を守っていこうという機運が高まり、登下校時を見守る活動が行われています。

 子どもは、社会の宝、これから益々少子高齢化していく日本にとっては貴重な財産です。ピカピカのランドセルを背負った一年生が、笑顔で元気に学校へ通えるよう、地域で応援して守っていきたいものです。

2006-03-01 | Posted in 月々の法話Comments Closed 

 

遺言、書いてありますか?

 皆さんは、遺言を書いてありますか?まだ、遺言など早いと思っている方、縁起でもないないと思っている方、いや、私はちゃんと書いてあります!という方など、様々でしょう。

 禅僧は、一年の始まりに遺偈(心境を綴った短い漢詩)・遺言・遺嘱などをしたためます。いつ死んだとしても、後の人に迷惑を掛けないようにという配慮と、禅僧としての心意気を示すものです。親の葬儀の時に兄弟仲が悪くなったり、親戚ともめたりということも増えてきています。49日忌や一周忌を別に行ったりする事例も見られるようです。財産分与や法律的なことは他のホームページに譲り、ここでは、「こんな遺言いかがですか?」という提案をさせて頂きます。

 SO-NETブログのしょーえんさんのところの記事に「永代遺言」というのがありました。

「 お参りありがとう 大丈夫 生きていれば 何とかなる  先祖 」

 ご先祖様から子孫へのメッセージを墓石に刻んで残している例です。

 しょーえんさんは筑波山の近くのお寺の若い住職さんで税理士もしています。

 これを見て私も、遺言って、遺産の分与に関するものだけではないんだなと思いました。私も、今年は、遺言に項目を追加し書き直しました。 それは、家族へのお礼の言葉と子ども達へ仲良く元気に暮らしなさいという教えです。財産の分与だけでなく、子孫に伝えたいことを遺言の形で残して置くのは大切なことだと思いました。

 皆さんもあらためて遺言を書いてみませんか。お世話になっている人への感謝の言葉を添えて・・・

2006-02-01 | Posted in 月々の法話Comments Closed 

 

元旦の朝の坐禅会でした!お雑煮を頂きました。

皆勤賞は江尻置さん、菊池隆さん、高安博文さんでした。
2006-01-01 | Posted in 坐禅会Comments Closed 

 

時は飛び去らない

 平成18年の正月を迎えました。「一月は行く、二月は逃げる、三月は去る」などと言います。お正月を迎えたと思ったら、月日というものは、あっという間に過ぎていきます。
 歳をとると月日の経つのが早く感じられたり、楽しい時間はあっという間に過ぎて、辛く苦しい時間は長く感じるものでもあります。初めての体験では時間が進むのが遅く感じ、一度経験したことは、時間の進むのが早く感じられたりもします。小さい頃、時間の進むのが遅く感じるのは、そういう理由もあるかもしれません。七歳の子どもにとっての一年はそれまでの人生の7分の1、、七十歳の人にとっての一年はそれまでの人生の70分の1に相当する訳ですから・・・。

 道元禅師は『正法眼蔵』有事(うじ)の巻の中で、「山を渡り、河を渡った時のわれというものがあれば、われにその時があり、その時というものは、飛び去ってなくなるものではない」という事が述べられています。一般的には、過ぎ去った時はもう無いと考えますが、道元禅師は、「われ」という人間が存在する限り「その時」も存在し続けると示さています。人間は、その時その時を無駄にせず、いつも真剣に修行を続けることが大事だという教えだと理解して良いのではないかと思います。
  
 その人間が行った行為は、たとえ時が経過しても消えることはありません。時は飛び去らないのです。昨年も凶悪な事件や悲惨な事故が起こりました。その時の行為の結果から人間は逃れることは出来ません。一生ついて回るのです。

 その時、その時の自分に責任を持って生きていくことこそ人間に求められるものではないでしょうか。

2006-01-01 | Posted in 月々の法話Comments Closed 

 

ついに気温は氷点下4℃

2005-12-04 | Posted in 坐禅会Comments Closed 

 

百尺竿頭進一歩

 大本山永平寺での修行中、何度か古参和尚に「百尺竿頭進一歩」といわれました。古参に言われた言葉には、素直に心に届く言葉と、反発する言葉があります。この言葉は、なかなか理解し難い言葉でした。百尺の竿の上から、一歩を進めたら、まっ逆さまに転落です。臆病な私は一歩を進めるどころか、しがみついた手を離さないでしょう。

 この話は、中国禅宗の禅問答を集めた「無門関」第46則にあり、「正法眼蔵随聞記」の中では、道元禅師が述べた古人の言葉の引用として紹介されています。
 「学道の人、身心を放下して一向に仏法に入るべし。古人云、百尺竿頭如何が歩を進めんと」
 目標を達しえたとしても、そこに安住すれば怠惰につながってしまいます。そこで、さらに一歩を進めろと古人は喝を入れるのです。
 
 人生においても、自己保身をかなぐり捨てて、一歩を踏み出さねばならない時があるかと思います。一生の大事を決める時、思いっきりぶつかってみる!ぶつかって砕け散る事もあるでしょう。でも、そうしなければ何も始まらないのではないでしょうか?鳥が孵化する時は、自分の殻を破って世に出るのです。殻の中にいたのでは何も生まれず、何も始まらないのですから・・・・。
 私自身の戒めとして、身心を放下して、さらに一歩を進める禅僧としての覚悟を忘れない人生を送っていきたいと思います。

2005-12-01 | Posted in 月々の法話Comments Closed 

 

気温は5℃けっこう寒かったです。

2005-11-06 | Posted in 坐禅会Comments Closed