お知らせ

お知らせ

大子硯工房「岱山」一行8名が坐禅体験

5月4日、大子ふるさと博覧会に泊まりがけで来ていた、大子硯工房「岱山」の一行8名が、朝6時半から一時間ほど坐禅を組んでいきました。 zazen1
2017-05-05 | Posted in 坐禅会Comments Closed 

 

4月坐禅会24名で坐りました

    花御堂の誕生仏に甘茶を灌いでいただきました。 次回は、5月7日の第一日曜日です。 6月は、教区寺院法要のため、第二日曜日の6月11日になります。
    2017-04-05 | Posted in 坐禅会Comments Closed 

     

    3月坐禅会は27名で坐りました

    3月5日、3月月例坐禅会、袋田宿の佐藤さん、頃藤の神賀さん、安嶋さんが初参加! 来月は4月2日朝6時からです。 ※6月は、教区寺院法要のため第二週になります。
    2017-03-05 | Posted in 坐禅会Comments Closed 

     

    2月坐禅会は26人で坐りました。

    2月5日、午前6時より月例坐禅会を開催いたしました。 日立の笠井さんが10年ぶりに出席しました。 次回は、3月5日です。
    2017-02-05 | Posted in 坐禅会Comments Closed 

     

    元旦の月例坐禅会

    1月1日の午前6時より、今年最初の月例坐禅会を開催しました。 28名の方が坐り、客殿で皆勤賞・精勤賞・参加賞の伝達を行い、 お雑煮をいただきました。 次回は、2月5日午前6時からです。 尚、今年は、6月の坐禅会が、教区寺院法要のため、 6月4日→11日へ変更します。
    2017-01-01 | Posted in 坐禅会Comments Closed 

     

    12月坐禅会盛況でした

    12月4日、午前6時から月例坐禅会が開催されました。 新しい方が7名参加、総勢32名の大人数で坐りました。 今年は、皆勤賞の方が7名、精勤賞の方とともに 1月坐禅会で賞状と記念品を贈呈します。 次回は、1月1日、元旦の朝6時からです。
    2016-12-09 | Posted in 坐禅会Comments Closed 

     

    11月坐禅会 

    11月6日、県北アートで賑わう大子町、18人の参加でした。 次回は、12月4日の朝6時からです。
    2016-11-10 | Posted in 坐禅会Comments Closed 

     

    10月坐禅会

    10月2日、22名が参加しました。 タイからホームスティでうちに泊まっているオムくんもこうしょうと一緒に坐禅体験しました
    2016-11-10 | Posted in 坐禅会Comments Closed 

     

    9月坐禅会盛況でした

    9月4日、26名が参禅しました。次回は、10月2日(日)朝6時からです。
    2016-09-06 | Posted in 坐禅会Comments Closed 

     

    8月坐禅会無事終了・・・

    地区の道路清掃作業などのため、坐禅後すぐ解散に・・・ 次回は、9月4日の朝6時からです。 庫の坐禅会に始めて参加する方は、事前説明をしますので、5時50分までにおいで下さい。 朝課で読むお経などが入った、参禅要典を配布いたします。
    2016-08-28 | Posted in 坐禅会Comments Closed 

     

    龍泰院での坐禅の様子がNHKで放送に!

    7月1日と3日にNHK水戸放送局で収録された番組が8日に県内向けに放送されました。 7月12日(火)11時10分からの「ひるまえほっと」では、関東向けに放送される予定です。 龍泰院での坐禅体験と坐禅会、月待の滝での滝行、大子ブルワリーでのビール作り修業を紹介する内容です。 02r1
    2016-07-09 | Posted in TOPICS, お知らせComments Closed 

     

    蓮の葉の上で、輝く水玉の美しさに魅せられました

    「玉と結びて蓮葉(はちすば)に おきたる露(つゆ)の一雫(ひとしずく)」 これは、梅花流詠讃歌『追善供養御和讃』の一番の出だしの歌詞です。 もう、30年以上、法事などの時に唱えてきましたが、 今年、蓮を大鉢に植えて、育ててみて、 「あっ!これが、おきたる露の一雫なんだ!」と、実際にみてなるほどと思いました。 すっと伸びた茎の上に広がる蓮の葉、そこに落ちた雨粒は、流れ落ちることなく、 たまっていき、大きな水滴となっていきます。 雨上がり、それが朝日に輝き、何とも言えない美しさです。 それをみていた時、風が吹いてきて、葉が揺れました。 すると、水滴は、転がり落ちて、あとかたもありません。 もし、蓮を育ててみようなどと思わなかったら、この先も気づくことの無かった現象でしょう。 前記事でふれたように、大本山永平寺東京別院焼香師を勤めさせて頂いた時、 「妙法蓮華経観世音菩薩普門品」を読んでお勤めしました。 蓮華の花の美しさは、つぼみも開花したあとも美しいですが、葉の美しさにも魅せられたところです。 まだ、花は咲いてませんが、お盆の頃には妙なる蓮の葉が参拝者を癒してくれるものと思います。
    2016-07-04 | Posted in 月々の法話Comments Closed 

     

    3 / 2412345...1020...最後 »